トリガーポイント理論による治療

のざき鍼灸治療院では、「トリガーポイント理論」に基づいた治療法を主体としています。
これは筋肉・筋膜に形成される「トリガーポイント」という、痛み・しびれの引き金点を、鍼や手によるマッサージなどで、刺激することによって治療する方法です。特に慢性の痛みやしびれなどに有効です。
消炎鎮痛剤や痛み止めの注射などは、文字どおり痛みを止めるだけで、悪くなっている箇所を治してはいません。「トリガーポイント治療」は悪くなっている箇所の血流を改善させ、組織を正常に戻して治します。

当院の治療の流れ

1 来院


2 予診表に記入


3 問診

患者さんの病態(どこの筋肉が痛んでいるのか?)を把握するために、「どのような動作をすると痛いのか」というのが、大変重要な情報となります。できるだけ具体的にお話しください。
また、内科的疾患や持病などをお持ちの方は、必ずお話しください。


4 検査


姿勢を観察したり、実際にお体を動かしたりする事により、患者さんの病態をより詳しく把握します。同じような肩こりや腰痛であっても、痛みの原因となっている筋肉は、その方によって異なるのです。また、必要な方には整形外科的検査をおこない、適応であるかどうかの鑑別を行います。


5 治療

今までのプロセスで、ほとんど悪くなっている筋肉は特定できているのですが、最後に決め手となるのが、患者さんの「そこ!」「それ!」という感覚です。
マッサージを受けたことのある方ならわかると思いますが、「そこ気持ちいい」「ああ、それ!」という感覚をもっと強くしたような感じです。
特に症状の原因となっているトリガーポイントに触れると、普段辛い症状がその場で再現し、まさに「私の辛いのはそれ!」といった自覚が得られることもあります。
症状の原因となっているトリガーポイントを、触診により探し出し、鍼やマッサージで刺激していくことで、悪くなった筋肉の血流を改善させ治します。


6 再検査

さきほどの痛い動作などを、もう一度おこなってもらい、治療によりどれだけ改善されたかチェックします。


7 ご説明

病態の説明、今後の治療方針、日常生活上のアドバイスなどについてお話しします。わからないことなどございましたら、遠慮なくご質問ください。

のざき鍼灸治療院の特徴

  • 国家資格(鍼灸師・マッサージ師)を有した治療師が、確かな技術であなたのお体をサポートいたします。
  • 整形外科などの医療機関で身に付けた豊富な臨床経験と、しっかりした医学的知識に裏付けされた、安全で正確な治療(鍼灸・マッサージによるトリガーポイント療法)をおこなっております。
  • 当院の治療は、従来の鍼灸治療における、「ツボ」や「気」という考え方ではなく、痛みの真の原因である「トリガーポイント」を治療いたします。
    「トリガーポイント」とはまだ新しい概念ですが、様々な痛みやコリ、関節の動きの低下、自律神経症状(血行不良、むくみ、冷え性、便秘、不眠など)の原因となるものです。整形外科分野をはじめとする医学界でも、最近注目されはじめています。
  • 当鍼灸院の院長である私・野崎真治は、日本におけるトリガーポイント鍼療法及びトリガーポイント研究の第一人者である、黒岩共一(関西医療大学教授)のトリガーポイント研究会に所属し、教えを受けております。
    また、関西医療大学の臨床研修にも参加することで、トリガーポイント鍼療法の最新の知識・技術の習得に努めております。
個室
治療室は、従来の鍼灸院に多かったカーテンなどの仕切りではなく、患者さんのプライバシーを考え、しっかりと壁に囲まれたプライベート空間になっております。
他の方を気にせずに、鍼灸・マッサージによるトリガーポイント療法が受けられます。
着替え
女性の方には治療用の着替えをご用意しておりますので、そのままの服装でご来院ください。
>ディスポーザブルの鍼
鍼灸治療に使用する、鍼、シャーレ(針皿)などは、全てディスポーザブル(使い捨て)ですので、HIVや肝炎ウィルスに感染する心配はありません。
また、ベッドのシーツやカバーなど、衛生面でも細心の注意をはらっています。
駐車場
最寄りの駅から徒歩6分。治療院の前と近くに駐車場がありますので、遠方の方でもご来院いただけるかと存じます。