のざき鍼灸治療院(トリガーポイント鍼療法専門)

トリガーポイントを知って、ロコモを予防する・治療する

ロコモは脚から

脚の老化を自覚したら、ロコモ予防を考えましょう

日常の立ち座りや、階段の上り下りをつらく感じる。膝が痛い、動かし難くなった。つまずきやすい、歩くのが遅くなったようだ。
こんな自覚があったら、ロコモ(ロコモティブシンドローム)の始まりかもしれません。

・ロコモティブシンドロームとは

運動器(特に膝・腰など脚部)の障害が、日常生活で移動する機能の低下をもたらします。これをロコモティブシンドローム(運動器症候群)といいます。

・ロコモティブシンドロームのセルフチェック

運動器の衰えは、歩幅が狭くなったり、階段を上がるのに手すりが必要、などのサインがあります。老化は足の衰えからといいますね。老化のサイン詳しくは、ロコモチャレンジ!「ロコモ度テスト」(外部サイトが開きます)をご参照ください。

・ロコモが進むと要介護のリスクが高くなる!

ロコモが進行すると、要介護・要支援のリスクが高まります。立つ、座る、歩くといった日常動作が思うようにできないと、転倒、骨折につながりやすくなります。そうなると、次にくるのが、自分の足で歩けない、寝たきり等の、介護が必要な状態です。

・ロコモティブシンドロームの予防と治療

日常生活を普通に送れ、自立した状態を維持できる年齢を健康寿命といいます。健康寿命を延ばすためには、ロコモを予防・治療することが大切です。
ロコモは、運動器の故障から始まります。激しい運動や事故によるケガなどが原因のこともありますが、老化による脚の障害が多くを占めます。ひそかに進行するロコモは、老化にともなう筋力の衰えが大半といっていいでしょう。

ロコモ対策は、トリガーポイントが鍵!

一般にいわれるように、年をとると筋力が落ちてきます。加齢による筋肉の衰えは生理的なものですから、止めることができません。とはいえ、適切な運動等によって筋力を維持することは可能です。
筋力を長く保持できれば、運動器の機能衰えを予防し、自立した生活を送る、健康寿命を延ばすことができるでしょう。このとき鍵になるのが、トリガーポイントなのです。

・筋膜と腱(すじ)は第二の骨格

ヒザ痛予防運動ロコモ予防を考えるとき、骨格・関節は筋肉・腱が支えているという事実に注目しましょう。そのため筋・筋膜・腱は、第二の骨格ともいわれます。
運動器の痛みやだるさは、骨・関節というより周辺の筋・腱に感ずるのは、多くの方が経験すると思います。そして、その痛みと関節の動かし難さは、筋膜・腱に生じたトリガーポイントが関係しているのです。
ロコモの原因は骨・関節よりも、むしろ筋肉の衰えと筋膜・腱のトリガーポイントにあるといえます。ですから、ロコモの予防と治療は、筋肉と腱がポイントになるのです。
※写真は南流山センターにて、体操教室コスモスさんとの〈膝痛と体操のコラボ講座〉です。

・ロコモティブシンドロームとトリガーポイントの関係

ロコモ(運動器障害)の原因は、関節の変形や軟骨の擦り減りよりも、筋膜と腱に生ずるトリガーポイントと関係の深いことが、日本医学界の一部では認識されるようになってきました。

ロコモの原因が筋力の衰えだけでなく、トリガーポイントにもあるとすれば、ロコモ対策は筋力の維持のみでは不十分です。トリガーポイントが生じないようにする予防、できてしまったトリガーポイントを治療することが、ロコモ進行を防ぐために有効となります。

また、筋・腱に痛みがある、関節が動かし難い状態では、ロコモ予防運動の効果がなかったり、ときには運動器疾患を悪化させることもあります。予防と治療、ロコモ対策はトリガーポイントが重要な鍵となるのです。

ロコモの予防は、痛みを感じる前に

トリガーポイントが原因のロコモには、いくつかの段階があります。重度な状態からいうと、

  1. トリガーポイントが原因の痛みがきっかけで、関節の動きが制限される。そのため筋力が衰え、最終的に関節の変形へ進みロコモとなります。
    この場合は、トリガーポイントの治療がロコモ治療となります。
  2. トリガーポイントが原因で関節が痛む、動かし難くなった。しかし、まだ筋力の衰えや関節の変形には至ってない、ロコモ予備軍状態。
    この場合、トリガーポイントを治療することが、ロコモ進行の予防となります。
  3. 運動器の痛みも、関節の動かし難さもないが、触察するとトリガーポイントが認められることがあります。
    潜在性トリガーポイントは、やがて顕在化する可能性があります。そこをセルフマッサージすることで、ロコモの予防となります。
  4. 普段の姿勢が悪いと、知らず知らずのうちに局所のトリガーポイントが形成されやすいものです。姿勢を改善する運動を心がけていれば、トリガーポイントができにくく、ロコモの予防ともなります。

のざき鍼灸治療院、ロコモ予防と治療の取り組み

のざき鍼灸治療院では、流山市の治療院として、地域の皆様の健康保持・ロコモ予防のため「自分でできるヒザ痛改善講座」を開催しています。
ロコモティブシンドロームと健康寿命の解説。トリガーポイントの観点からみる、ロコモ予防トレーニングの指導などを行っています。

ロコモ予防講座
(常盤平地域包括支援センター。流山商工会議所が主催する流山市内各自治会での講座。流山まちゼミ等でも講演と指導に当たらせていただいております)

・ロコモ対策でいちばん大切なのは、ロコモの予防です

骨格・関節は筋・腱に支えられています。膝など関節の故障(痛みや動かし難さ)の原因も、骨ではなく筋肉・筋膜にあると考えるのが合理的です。それならば、ロコモ予防に有効なのは適切な筋力トレーニングとなります。
その際は無理に運動をするのではなく、痛みや関節の動かし難さを解消してからが望ましいことです。また痛みや関節の動かし難さの自覚がなくても、長年の生活習慣でトリガーポイントが形成されていることがあります。セルフマッサージとロコモ予防トレーニングの併用が効果的です。

・ロコモが進行したら、どのような対策があるでしょう

ロコモの予防に加えて、ロコモの治療もトリガーポイントが鍵になります。関節の痛みや動かし難さといった運動器疾患は、トリガーポイントが原因で発症することが多いのです。
昔からいわれる「筋を違える」が、実は筋・骨格系、関節の痛みと病態の本質を表していたのかもしれません。

検査の結果、骨格・関節に異常がなくても、痛み・動かし難さが続くなら、筋膜・腱のトリガーポイントを疑った方がいいと思います。関節・骨格の変形といった異常も、トリガーポイントによるものがあります。
骨を削ったりヒアルロン酸を注射しなくても、トリガーポイント治療で症状が治まることがあります。

慢性痛真の原因
痛みにお悩みの方へ
痛みについて
整形外科で改善しない
  頑固な痛み
筋・筋膜性疼痛症候群
筋痛症治療例
痛みの諸症状と症例
トリガーポイント
トリガーポイントとは
トリガーポイントの歴史
日本における
  トリガーポイント研究
ツボとトリガーポイントの
  関係
トリガーポイント形成と
  その影響
トリガーポイント治療
トリガーポイントFAQ
診療のご案内
院長ご紹介
トリガーポイントとの
  出合い
治療の流れと当院の特徴
当院までのご案内図
施術の種類と料金
ご予約について

ロコモ対策とトリガーポイント
トリガーポイント訪問治療
トリガーポイント勉強会
鍼灸師募集
スタッフブログ
copyright : NOZAKI shinji 当サイトは、のざき鍼灸治療院・院長 野崎真治がトリガーポイント治療の研究と臨床に基づいて著述しています。無断転用は著作権法違反になりますので、ご注意ください。