のざき鍼灸治療院(トリガーポイント鍼療法専門)
—お知らせ—
黒岩共一先生主催・トリガーポイント研究会(KTP)のスタッフが、各地でサテライトセミナーを開催しています。鍼灸師、マッサージ師、柔道整復師等の先生方が対象です。トリガーポイント治療の実習と臨床の実技を学びます。
セミナーの案内は、トリガーポイント研究会・サテライトセミナーHPをご覧ください。

鍼免許所有者のための、トリガーポイント鍼療法・勉強会(関東)

医師と同様に、鍼灸師・マッサージ師も資格がなければ、施術することができません。その意味で、鍼灸マッサージ師は免許を取ってからが、本当の修業といえます。
とくにトリガーポイント鍼療法は、従来の経穴治療理論と異なり、発展しつつある技術です。常に最新の臨床知見を学ぶ必要があります。

勉強会1当院院長・野崎真治も定期的に、大阪の関西医療大学・黒岩共一教授が主催するトリガーポイント研究会に参加、技術の研鑽に励み、またスタッフとしても普及に努めています。
このたび、トリガーポイント研究会で行われている研修会の内容を、関東で学ぶ勉強会を開催することになりました。

トリガーポイント鍼療法の技術向上を目指す、関東地域の鍼免許所有者の方々を対象にしています。KTP療法(トリガーポイント検索法、責任トリガーポイント理論)を広め、少しでも多くの患者さんにトリガーポイント鍼療法を受ける機会を増やすことを目的としています。

トリガーポイント注射

NHKの番組で取り上げられて以来、トリガーポイント注射が注目されるようになりました。トリガーポイント注射は整形外科、ペインクリニック、麻酔科で行われる治療で、首肩や腰の慢性的な痛みに効果があるとされます。
臨床では、患者さんが痛みを訴える場所と触診で分かる圧痛点から、トリガーポイント(索状硬結)を探します。消毒の後、筋膜直下に局所麻酔薬を注入します。

神経ブロック注射と共通した鎮痛効果をもたらすため、トリガーポイント・ブロック、痛点ブロックとも呼ばれます。
しかし、トリガーポイント注射で局所麻酔薬の代わりに生理食塩水を注入したり、単に針を刺入するだけでも鎮痛効果が現れることが、以前から知られていました。

近年の研究で、持続的な鎮痛効果を得るために必要な病変部の治癒反応は、局所麻酔薬による刺激遮断(ブロック)とは別な作用機序であることが分かってきました。一時的な鎮痛にとどまらない、いわゆる痛みの悪循環の改善です。
トリガーポイントに注射針の穿刺による刺激を加えることで、軸索反射が起こり血流が増加し、筋拘縮が改善される。さらに針刺入の刺激が中枢神経に伝わることで、内因性の鎮痛効果が発現すると考えられています。

トリガーポイント鍼療法

関西医療大学・黒岩共一教授が提唱するトリガーポイント鍼療法は、古来から行われている鍼治療に、科学的・論理的な光を当てるものです。
トリガーポイント注射においても、トリガーポイントに正確に針先があたると、患者さんは特有の重い痛みを感じたり、筋肉の反応が起こります。これは、鍼治療の臨床現場で経験する生体反応と同一のものです。

トリガーポイント注射では、針の刺入は体表から1cmほどの深さです。身体深部の筋・筋膜に薬液の効果は浸透しても、針先の刺激による鎮痛効果は望めないことになります。
鍼治療は深層部の筋・筋膜にまで到達させる技術を持っていますので、トリガーポイントを直接刺激することができます。

黒岩教授の「トリガーポイント検索法」は、解剖学・運動学の見地から骨格筋にあるトリガーポイントを同定します。それに加えて、鍼灸技術の先行体験から得られた経験知を用いて判断します。
「責任トリガーポイント」と名付けたこの仮説では、患者さんが痛みを感じている場所が病変部(治療部位)である確率はかなり低くなります。

トリガーポイント鍼療法の技術

トリガーポイント鍼療法では、解剖学の知識と鍼治療の技術を用いて、慢性の運動器の疼痛治療を行います。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの患者さんが訴える、痛む場所はだいたい決まっているといいます。しかし痛みを感じている場所が病変部ではないことが多いのです。臨床経験から、痛みの原因となっている筋肉は患者さんによって異なります。
痛みを発している《責任トリガーポイント》を探すためには、問診→運動検査→触診といった過程を踏みます。

勉強会2問診では患者さんのどこが痛いのかをお聞きします。続いてどのような動作をすると痛むか検査したり、関節の可動域を測定し、悪くなっている筋肉を推測します。最後に決め手となるのが、触診による責任トリガーポイント(発痛部)の特定及び、刺鍼による治療的判定です。

トリガーポイント鍼療法を正しく行うためには、解剖学に基づいた人体骨格筋に対する正確な触察法と、旧来の経穴治療理論に囚われないトリガーポイント検索法の研鑽が欠かせません。

KTPトリガーポイント鍼療法は、長年の実践及び解剖学に基づく探求、最新の生理学的な見地を拠り所とし、今も日々進化を続けています。
技術研鑽にあたっては、解剖学の教科書では得ることができない、人体骨格筋の立体構造イメージ構築、深層筋触知技術の探求が望まれます。


慢性痛真の原因
痛みにお悩みの方へ
痛みについて
整形外科で改善しない
  頑固な痛み
筋・筋膜性疼痛症候群
筋痛症治療例
痛みの諸症状と症例
トリガーポイント
トリガーポイントとは
トリガーポイントの歴史
日本における
  トリガーポイント研究
ツボとトリガーポイントの
  関係
トリガーポイント形成と
  その影響
トリガーポイント治療
トリガーポイントFAQ
診療のご案内
院長ご紹介
トリガーポイントとの
  出合い
治療の流れと当院の特徴
当院までのご案内図
施術の種類と料金
ご予約について

ロコモ対策とトリガーポイント
トリガーポイント訪問治療
患者さんからの声・体験談
トリガーポイント勉強会
鍼灸師募集
スタッフブログ
copyright : NOZAKI shinji 当サイトは、のざき鍼灸治療院・院長 野崎真治がトリガーポイント治療の研究と臨床に基づいて著述しています。無断転用は著作権法違反になりますので、ご注意ください。