のざき鍼灸治療院(トリガーポイント鍼療法専門)

訪問リハビリ、訪問マッサージ

「訪問介護リハビリ」と「訪問医療マッサージ」については、保険制度の複雑さもあり、患者さんとご家族だけでなく介護予防の現場でも、認識が行き届いていない面があるようです。
トリガーポイント鍼療法の「のざき鍼灸治療院」は、お年寄り・患者の方のお気持ちに寄り添い身体の状態に合わせた、介護予防リハビリと鍼灸医療マッサージの連携をご提案しています。

訪問リハビリテーションと訪問鍼灸マッサージの違い

大変似通っていて、患者さんにもご家族にも理解しにくいのが、リハビリとマッサージの違いです。大まかに言ってしまえば、介護予防で行われるリハビリは介護保険が適用される。鍼灸マッサージは医療行為なので、健康保険が適用されるというのが違いになります。
細かくいうと、訪問リハビリでも健康保険が適用されるケースがあります。病院のリハビリ科や訪問看護ステーションが訪問リハビリを行う場合です。これは保険制度上の違いだけで、施行される内容が異なるわけではありません。

介護施設でのリハビリとマッサージ等の現状

介護保険適応の施設(デイサービス等)に、あん摩マッサージ師の資格を持つ職員が在籍することもありますが、健康保険によるマッサージは認められません。(自費治療や、マッサージ師が無償で行うことはできます)
またマッサージは本来、あん摩マッサージ指圧師以外が施術することはできません。しかし、介護予防サービスとして機能向上回復訓練の一環なら、あん摩マッサージ師のみならず、リハビリ職や経験のある介護職員が、体をさする等のマッサージ類似行為は黙認されています。
そのため、通所介護予防サービス(デイサービス)施設で、整体等が行われることがあります。この辺の運用については、あまり明確にされていないようです。

介護予防の体操指導と高齢者リハビリについて

地域の介護予防センター、通所介護サービス(デイケア)、在宅などで、お年寄りの介護予防、要介護状態の軽減・悪化防止のため、体操の指導や運動機能向上回復訓練の介護リハビリが行われます。
体操の指導は、比較的元気なお年寄り向けのものです。JAGESの調査によれば、スポーツ組織への参加割合が高い地域では、転倒したことのある前期高齢者が少ない傾向があるとしています。

体操ができるほど元気なお年寄り、身体機能に問題がなく、社会参加が苦にならない方なら当然ともいえる結論です。多くの高齢者は、加齢にともなう筋力の低下、膝・腰の痛みに悩んでいるのが現実ではないでしょうか。
そのような方々は、介護予防の機能向上訓練、筋力トレーニングに気乗りがしなかったり、苦痛で効果的な運動ができないことも多いと思われます。

介護予防リハビリと鍼灸・医療マッサージの連携

体操を勧められるが、筋肉が拘縮していて体を動かしにくい。介護予防のリハビリ訓練を受けても、関節の痛みで思うようにできない。外へ出かけたいのに、膝や腰が痛んで歩けない。こんな状態は、自己管理や高齢者の自覚を促すなどで解消できることではありません。

介護予防運動のガイドラインには、関節痛などの慢性症状が悪化した場合は、体操を取りやめるとなっています。そうなる前に、慢性痛を取り除き、手足の筋肉拘縮を緩和すれば、体操なり運動機能向上訓練に無理せず取り組め、効果も高くなるのではないでしょうか。

訪問鍼灸・医療マッサージは、医療として在宅、老人保健施設など介護現場に介入できる制度です。寝たきり状態の方、自力での歩行が困難、体が思うように動かせず、日常生活が不便な方の筋肉拘縮、関節の痛みを緩和します。
その上で、介護予防・要介護状態軽減のために運動指導、介護リハビリを行なえば、相乗効果を上げることが可能になります。

訪問鍼灸マッサージは、要介護・寝たきりの方の、痛み・むくみを緩和する医療

このように介護予防体操や介護リハビリが困難な方は、痛みの緩和、麻痺・拘縮の治療をご家庭で、また介護施設で受けることができます。

のざき鍼灸治療院の訪問鍼灸・医療マッサージとは

ご家庭・介護施設に伺う、在宅での訪問鍼灸マッサージです。歩行困難、寝たきりで通院が困難な方のために、健康保険適応の在宅鍼灸・医療マッサージ(トリガーポイント療法)を行います。
 ○脳卒中や他の病気で、麻痺、関節の拘縮が見られる方。
 ○歩行困難もしくは寝たきり、要介護の方特有の、痛みやむくみの緩和。
 ○病名に関わらず痛みのある方、手足の筋肉の麻痺や筋萎縮がある方が対象です。
寝たきり、車いす生活、身体を動かすのが困難、足・腰・膝が痛いなどで、思うようにならない日常生活の質を向上します。患者さんの身体機能を改善することで、毎日ご苦労されている、ご家族・介護者の負担軽減を計ります。介護予防体操、介護リハビリの助けにもなるでしょう。

 医師の同意が必要です。かかりつけ医にご相談ください。
 介護保険を使いませんので、ケアプランに影響しません。
 リハビリを受けたいが施設が見つからない、介護保険の点数が足りない方もご利用できます。

のざき鍼灸治療院、訪問鍼灸・医療マッサージ3つの特徴

  1. 国家資格を持つ鍼灸マッサージ師の確かな技術で、安心して施術を受けられます。
  2. 訪問治療専門ではなく、経験豊かな鍼灸治療院の在宅鍼灸マッサージです。
  3. のざき鍼灸治療院院長は、「トリガーポイント研究会」スタッフとして、治療技術の研鑽に励んでいます。

のざき鍼灸治療院は、旧来の鍼灸マッサージとは異なる、トリガーポイント療法専門院です。こわばった筋肉に由来する、運動器の痛み緩和に取り組んでいます。 トリガーポイント療法は、NHKその他のTV番組で紹介され、広く知られるようになりました。治療効果の高さから、ペインクリニックや整形外科でも取り入れられている、先進医療です。

お一人で通院ができない方、ご家族の介護に苦労されている方、日々努力されている、ケアマネージャーはじめ介護スタッフの方々。看護師、リハビリ職の方、のざき鍼灸治療院の「トリガーポイント療法」在宅治療をご検討ください。

のざき鍼灸治療院は、2004年より流山市で鍼灸治療院を開業しております。歩行困難もしくは、寝たきりで通院が難しい方のために、在宅・介護施設に訪問し、鍼灸・医療マッサージをいたします。 ご自宅で介護施設で、訪問鍼灸・医療マッサージ(トリガーポイント療法)を受けられます。

訪問鍼灸・医療マッサージ(トリガーポイント療法)、ご利用の流れと料金

まずは、お電話でお問い合わせください。(04-7158-8160)
#
施術のご案内、お手続きのご説明に伺います。
#
ご希望の方には、トリガーポイント療法の体験をしていただきます。
#
健康保険を使いますので、医師の同意書が必要です。
(必要な書類は当院でご用意します。かかりつけ医とご相談ください)
#
同意書が発行され、施術に納得されたら施術開始となります。
#
翌月に1か月分のご利用料金をお支払いください。

ご利用料金
鍼灸マッサージは医療行為ですから、介護保険を使いません。健康保険、患者負担割合1割の場合、一回のご負担は300円〜500円程度です。


(次ページでは、トリガーポイント療法をお勧めする理由と実際例をご紹介しています)

慢性痛真の原因
痛みにお悩みの方へ
痛みについて
整形外科で改善しない
  頑固な痛み
筋・筋膜性疼痛症候群
筋痛症治療例
痛みの諸症状と症例
トリガーポイント
トリガーポイントとは
トリガーポイントの歴史
日本における
  トリガーポイント研究
ツボとトリガーポイントの
  関係
トリガーポイント形成と
  その影響
トリガーポイント治療
トリガーポイントFAQ
診療のご案内
院長ご紹介
トリガーポイントとの
  出合い
治療の流れと当院の特徴
当院までのご案内図
施術の種類と料金
ご予約について

ロコモ対策とトリガーポイント
トリガーポイント訪問治療
患者さんからの声・体験談
トリガーポイント勉強会
鍼灸師募集
スタッフブログ
copyright : NOZAKI shinji 当サイトは、のざき鍼灸治療院・院長 野崎真治がトリガーポイント治療の研究と臨床に基づいて著述しています。無断転用は著作権法違反になりますので、ご注意ください。